夏の甲子園 2018出場校有力校特徴とは?

という事で、2018年の今年も・・・

全国高等学校野球選手権大会の季節が、やって来ました!

 

夏の甲子園 2018において、出場校の評価と

有力校の特徴について、今回は触れていきます。

 

2018年の今年は、第100回目を迎えるという

回数においては、記念すべき節目となりました。

 

夏の甲子園 2018年では、第100回を記念して

新たに7府県を分割し、出場校数が・・・

56校という、これは史上最大の数となったようです。

 

その点について、調べてみたところ・・・

第80回や第90回までは、55校だったんです。

 

しかし、以前に比べても・・・

たった1校増えただけなんですね。

 

でも、今までの歴代の大会において・・・

第1回(1915年)では、代表校数は、

たった10校だけだったんですね。

 

大昔から比べると、年々出場校数は46校も

増えていた事が分かりました。

 

話は戻り、夏の甲子園 2018出場校による

評価有力校特徴が気になります!

 


出典:http://www.naoc2520.net/entry/koushien-2018-entry

 

では、まず・・・

夏の甲子園 2018の出場校の評価とは?

一体、どのようなものなのか?!

 

スポンサーリンク

 

夏の甲子園 2018の出場校の評価とは?

これは、各スポーツ紙の以下6社!

日刊

スポニチ

報知

サンスポ

中日

デイリー

 

この6社の評価付けには・・・

 

S・特A・A・B・C

 

この5段階で評価をされていました!

 

その中で、A評価が2社以上あった

出場校は以下の通りでした

 

大阪桐蔭(北大阪)     S:1 特A:2 A:3

智弁和歌山(和歌山) S:1 A:4 B:1

木更津総合(東千葉)   A:6

横浜(南神奈川)           S:1 A:5

創成館(長崎)               A:5 B:1

花咲徳栄(北埼玉)       A:4 B:2

星稜(石川)       A:4 B:2

浦和学院(南埼玉)       A:2 B:4

聖光学院(福島)           A:2 B:4

日大三(西東京)     A:2 B:4

慶応(北神奈川)     A:2 B:4

龍谷大平安(京都)       A:3 B:3

報徳学園(東兵庫)   A:2 B:4

 

以上の13校となります!

 

しかし、私自身が注目している出場校では・・・

 

大阪桐蔭(北大阪)

 

智弁和歌山(和歌山)

 

星稜(石川)

 

優勝候補の本命と云えるのは、大阪桐蔭か?

優勝候補の本命と云える高校では・・・

やはり、大阪桐蔭!

2018年の春の選抜大会を制覇しています。

 

大阪桐蔭の特徴を言うなれば・・・

 

攻守ともに強い点です!

 

北大阪大会の準決勝では、ライバル校と云われた

履正社高校との対戦で、大阪桐蔭は・・・

 

9回2アウトからの大逆転勝利という

劇的なメークドラマがありました!

 

ドラフト1位候補で大阪桐蔭の投手の根尾君と

履正社高校のキャプテンで投手の浜内君とは、

ピッチングで得点を与える事を許さない位の熾烈な

展開を送っていました。

 

打倒!大阪桐蔭に燃える智弁和歌山の特徴は?

春の選抜では惜しくも・・・

準優勝となった、智弁和歌山!

 

ここでは、全国大会という舞台で

大阪桐蔭にとって、ライバルと云えるところです。

 

和歌山大会では、初戦から準決勝まで・・・

4試合2ケタ得点で、かつ、コールド試合を記録し

圧倒的な強さを見せました!

 

圧倒的な強さの特徴は、何と言っても・・・

 

打力

 

準々決勝では、4番の文元君が満塁ホームランを放ち、

準決勝では、5番の冨田君が満塁ホームランを放ちました!

 

しかし、夏の甲子園 2018では・・・

 

大阪桐蔭 vs 智弁和歌山

 

という対戦カードが、また実現されるのか?

 

その点が注目です!

 

そして、私が一番注目しているのは・・・

星稜高校です!

 

では、後半・・・

星稜に期待し、注目している点について

触れていきます!

 

スポンサーリンク

 

星稜に期待!注目は打線だけでは無い?その訳とは?

では、夏の甲子園 2018において

星稜高校は石川大会で優勝し、夏の甲子園 2018

という名の切符を手に入れました!

 

石川大会の決勝戦では・・・

 

22 – 0

 

という大勝利を収め、全5試合で53得点という

破壊力が抜群の打線!

 

投手サイドでは・・・

0失点という、1点も取らせない結果を残しました!

 

2年生エースで投手の奥山君と捕手の山瀬君との幼馴染みバッテリー

 

3年生コンビの主将・竹谷君と南保君とのホームラン職人

 

そして、期待の1年生ルーキー寺西君と内山君

 

と、いった逸材が揃っており、選手層が充実されています!

 

特に、3年生の南保君には・・・

個人大会通算ホームラン記録が、

 

5本

 

という、これはゴジラの異名を取る・・・

松井秀喜さんを超える記録となります!

 

すなわち、攻守ともに要が効いているわけです!

 

そして、2018年08月05日(日)には・・・

夏の甲子園 2018の火蓋が切って落とされるわけですが、

その始球式に登場するのが、なんと・・・

 

星稜高校のOBで甲子園のレジェンドと呼ばれた、その一人・・・

松井秀喜さんが登場します!

 

そのため、第1試合で出場する

星稜高校は、松井秀喜さんが見守る中で

故郷に錦を飾る事が出来るのか?

注目です!

 

また、記念すべき第100回記念として

 

100回つなぐ 始球式リレー

 

という企画の一環として・・・

松井秀喜さんの他にも今後は、

定岡正二さんや谷繁元信さん、坂東英二さん

 

そして・・・

 

桑田真澄さんや佐々木主浩さんなどなど

名だたる甲子園のレジェンドと呼ばれた方たちが

日替わりで、夏の甲子園 2018が終了予定となっている

2018年08月21日(火)まで登場され続けます!

 

一体、夏の甲子園 2018において・・・

優勝という名の栄冠を手にするのは?

どの出場校となるのか?!

 

また、私個人としては・・・

意外な出場校が優勝して欲しい!

と、想う今日この頃です。

 

一体、どんなメークドラマが今年も

待ち受けているのだろうか?!

 

スポンサーリンク