リアディゾン錦戸亮関係とは?

フライデーが報じられたのか?

 

という事で、2018年08月にて・・・

ニュースメディア等で、2006年の夏に

「クラビア界の黒船」と謳われ、来日し

日本でクラビア界にて、一世風靡した、リア・ディゾン

 

2018年08月06日にて・・・

10年前に大ヒットした写真集である

 

Petite Amie

 

ハロリア!Hello!Leah

 

という作品が、デジタル版で配信された事で

 

今、密かにニュースメディア等で

話題となっているのです!

 


出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000002-nkgendai-ent.view-000

 

リアディゾンについて、ヤフーで調べてみたところ・・・

 

リアディゾン 錦戸亮 フライデー

 

という謎の虫眼鏡キーワードが羅列されているのです!

 

これは、一体どういう事なのか?

その点について、調べてみました!

 

では、今回・・・

リアディゾンと錦戸亮はフライデーに報じられたのか?

まずは、その点について触れていきます。

 

スポンサーリンク

 

リアディゾンと錦戸亮はフライデーに報じられたのか?その真相とは?

単刀直入に云うと・・・

リアディゾンと錦戸亮との関係による事に関しては、

フライデーに報じられてはいなかったのです!

 

と、なると・・・

どうして、「リアディゾン 錦戸亮 フライデー」という

虫眼鏡キーワードが表示されていたのか?

という疑問が残ります!

 

まず、少しずつ紐解いていこうと思います。

 

リアディゾンがフライデーにお世話になった当時の内容とは?

当時とは、いつの事かと云うと・・・

2007年10月頃の事です!

 

これは、リアディゾンの所属事務所である

スカイ・コーポレーション

その社長の息子宅に連泊していたところ

フライデーに報じられていたのです!

 

ここまで・・・

リアディゾンがフライデーにお世話になった当時の内容が

分かっただけですが・・・

しかし、これだけではまだ十分に真相が解明したまでには至りません!

 

なぜなら、錦戸亮とリアディゾンとの関係性

まだ、明白には至ってないからです。

 

では、後半・・・

錦戸亮とリアディゾンとの関係性とは?

また、「リアディゾン 錦戸亮 フライデー」という

虫眼鏡キーワードの羅列現象が起こったのか?

それらの点について、触れていきます。

 

スポンサーリンク

 

錦戸亮とリアディゾンとの関係性とは?

今から13年前の2005年頃・・・

 

スカ☆J 一番星

 

というテレ東(テレビ東京)系のバラエティー番組が

ありました。

 

そこで、リアディゾン錦戸亮は・・・

2007年02月13日放送分の、その番組で

初対面を果たしたのです!

 

錦戸亮は当時、猛烈だと云われるくらい・・・

リアディゾンの大ファンだったのです。

 

そして、錦戸亮はリアディゾンに

猛烈なアプローチをしていました。

 

その結果、2人はいつしか・・・

恋愛関係に発展していました。

 

錦戸亮は今でこそ、関ジャニ∞のみに所属していましたが、

当時は、NEWSにも所属して掛け持っていました。

 

2007年06月08日・・・

当時、NEWSにも所属していた錦戸亮は、

その打ち上げに、リアディゾンを招待したのです。

 

しかし、これ以後・・・

ネットやメディア等で、2人の熱愛報道がヒートアップしていきました。

 

錦戸亮はヒートアップするスキャンダルを恐れたのか、

リアディゾン距離を取り始めたそうです。

 

これは、ジャニーズ事務所の指示で、

という説もあるそうです。

 

これを証拠として・・・

2007年08月07日に「むちゃ∞ブリ!」という番組に

リアディゾンが出演した際には、錦戸亮は、リアディゾンに対しての態度が

素っ気無かったと云われています。

 

総括(まとめ)

ここまでの内容の結論を云うと・・・

リアディゾンと錦戸亮は当時、熱愛報道があった!

 

しかし、フライデーに撮られてはいないかった。

という事になります!

 

過去の苦々しい経験というのは・・・

辛い物がありますし、リアディゾンも当時

ブレイクした時代はイメージを大切にしていたそうです。

 

黒船のイメージを壊すのが怖かったとか。

 

今は、シングルマザーとして、

9歳の子供であるミラちゃんを育てながら

ラスベガスの大学で社会心理学を学んでいるそうです。

 

大学卒業後も、何事もない平和な日々を

過ごしていただきたいと願っています。

 

スポンサーリンク